リプロスキン

リプロスキンの医療部外品の有効成分とは?

リプロスキンには、色々な美容成分(参考:リプロスキンの成分)が含まれていますが、
ここではリプロスキンの医療部外品の有効成分について解説していきます。

 

 

ちなみに医療部外品の有効成分とは 「薬事法で決められた、医薬品 と化粧品の真ん中の分類の成分の事です。」

 

ちょっと微妙な表現ですが、簡単に言ってしまうと化粧品みたいに全く効果に根拠ないものでもなく、
みたいに強力な効果はないというモノです。

 

 

 

 

これは、厚生労働大臣の認定が必要で、認可には臨床実験での裏付けが必要になりますので
この有効成分は、化粧品の効果の信憑性を推測するのに役立ちます。

 

 

 

リプロスキンに含まれる有効成分名とは?

 

 

 

 

リプロスキンの有効成分

 

 

 

リプロスキンに含まれる有効成分は二つです。

 

 

 

一つは、グリチルリチン酸2kという成分で、これは抗炎症作用があります。

 

二つ目は、プラセンタ水溶液で、これは皮膚の再生を助けたり、美白効果で知られた成分です。

 

 

 

これらの有効成分はどう働くの?

 

 

これらの成分はニキビを沈めて、ニキビ痕を徐々に良くしてくれる効果が期待できる成分です。

 

 

 

もちろん、医療部外品の成分でないと効果が期待できないわけではありませんが、

 

購買者にとってフェアな判断ができる様に、医療部外品の分類があるわけなので

 

リプロスキンの購入を決める際に、この有効成分を判断材料にしても良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ニキビのお手入れに関しては最高峰。リプロスキンをブクマするはコチラ。